読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャロメとうちら

子猫を初めて飼う、夫婦の生活。

ニャロメ『……いきなり娘が出来たようなもんやで。』


ヘチマが木曜に来てから、初めての土日……。
 

f:id:nyarome12:20160726181642j:image

『……(もう限界や……)』
 
わたしたち夫婦は、二人してサービス業なのでどうしても土日は仕事が忙しくなる。家をあける時間がいつもより結構長い。(夫なんて仮眠程度の睡眠、シャワーだけ浴びに帰って来るようなもんだったりもする。。)
 
ニャロメにはとっても無理させてしまったと思う。。
 
f:id:nyarome12:20160726182443j:image
「ニャロメーーヘチマーー(TT)2人だけで頑張ったね!偉い!!!ありがとうねーー(TT)」
 
『……んにゃー…ごるるる……(ご主人、もうワイ無理や……)』

f:id:nyarome12:20160726182512j:image
『……ごろろふっ(おぶっ……)』
 
『……みぅ!(何が無理なのよっ!)』
 
「疲れたよね。。さ、リビング行くよ。」
 
ニャロメをヨイショー!と抱っこして、リビングへ向かう。
 
 
 
f:id:nyarome12:20160726183422j:image
お、TVに夢中かな?
ひとり遊びを覚えた方がニャロメも休めるだろうか。。

f:id:nyarome12:20160726183453j:image
『みぅ!(何よ!まだまだ遊ぶんだから!)』
 
ニャロメにしっかり懐いてくれたようだ。しかし、ヘチマはいつ眠っているのだろうか。。
 
土日の昼間は様子を見れなかったので、金曜(ヘチマが来て2日目)観察していた時のように全く眠っていないのだとすると……
 
ヘチマもヘチマだが、ニャロメにはかなりのストレスである。
 
 

f:id:nyarome12:20160726183903j:image
「はいはい。ヘチマ、ねんねだよ?」

f:id:nyarome12:20160726184452j:image
『……(はぁー?まだ眠くないし。)』

f:id:nyarome12:20160726184559j:image
「よしよし……よーしよし。」
 
『……(眠くないって、、)』

f:id:nyarome12:20160726184700j:image
『……くぁ〜っ!(言ってるでしょ!)』
 
「……アクビ凄いな。笑」

f:id:nyarome12:20160726184822j:image
「ほら、ニャロメもねんねだよ。」
 
『……(何言ってんの、まだ遊ぶのよ……)』
 
『……(やー、もうムリやて。。)』
 
『…………』

f:id:nyarome12:20160727114217j:image
『くるるる……(眠くなんて……)』

f:id:nyarome12:20160727114342j:image
『ふるる…る………(……な……ぃ……)』

f:id:nyarome12:20160727114439j:image
『…………(…………)』
 
寝た。。
しかも、わたしに抱かれて寝てくれた。初日、出会った瞬間怖がって震えながら威嚇していた……あのヘチマが。。。
この時うるっときてしまったのは夫には内緒。(ブログ見たら普通にバレるけど)
 
 
…………
 
 
 
さて、また翌日は日曜。
出勤前、流しのわきに洗い終わったお皿を置いておくトレイがあるのだがニャロメがそれをガシャン!と流しにズラして落としてしまった。。(またもや朝の忙しい時間にコップひとつにヒビが……泣)
 
「くぉらぁ!!!危ないでしょ( ✧Д✧)!!! 」
 
『ぶるるぁ〜っ(ひえーっ)』
 
一喝したら、たたた……と、廊下まで逃げて行ったが、すぐまたドアに擦り寄ってこちらに戻ってきた。。
 
『ぶるにゃぁー……(すまんかった……わざとやないんやで?許してや……)』
 
目を細めてこちらを上目遣い。。多分にニャロメは一瞬で反省している。。朝、バタバタしている時は、もううちらが出かけて夜まで帰ってこないのを知っているのだ。だからかはわからないが、小さい頃からだが一時でも離れようとしない。例え怒られたとしてもである………。
その姿を見たら、、、何とも言えないが……涙が溢れてきた。
出勤前の時間なんて全然ないけど(もっと早起きするべき)、抱き上げずにはいられなかった。。
ずっとニャロメにムリさせて、それでもずっといい子にしてたのに。こんな、わざとやったわけでもない1回で厳しく怒るなんてわたしは…………何て愚かなのだろうか。。
 
「ごめん……!!!ニャロメ、ごめんね。。ケガしなかったかな?大丈夫?」
 
『……ぶるるぁ〜ん?……(大丈夫やで。どうしたご主人。)』
 
「ごめんね……。ごめん。今日も、ほんとごめん。。もう行かないと。」
 
『……ごるるる……ぶるるる……(抱っこしてくれたからええよ?ただ、はよ帰って来てや。。)』
 
結構、涙出た。。これも夫には内緒である。  
 
 
 
…………
 
 
 
そんなこんな言っても、結局帰りは遅いのだ。だが土日を乗り越えると、月曜はわたしは遅番。なので日曜の夜~月曜の朝は少しだけゆっくり出来る。


f:id:nyarome12:20160802201218j:image
スーパーサイニャロメン。
 
 
ニャロメたちにご飯あげて、わたしもご飯たべる。食べてる最中も膝の上乗ってきたり、足に絡み付いてきたり。。夫がいないとニャロメはわたしが何かくれるのではないかといつもよりベッタリである笑。。
 
食べ終わってからは少し遊んだ。
 
ニャロメが箱に入っているところにヘチマも入って行ったり、ニャロメが大好きなNクールのリボンで遊んでいると『わたしの!!!』と言わんばかりに遊んだり。。
ニャロメはそういう時傍で見守る事にしたようだ。ただ、我慢出来なくなると飛び入り参加してくる。笑
 
 
真似っ子して(真似しなくていいとこまで)色んな事をすぐに覚えているようだ。(トイレし終わったあとにヘリのところで手を拭うのも真似するくらい。。笑)
 
やはり、天才……!!!(いい加減しつこい)
 
さて、夫も帰ってきてご飯食べてシャワーも浴びて寝る時間。
 
 
くっついてきて寝てくれるくらいになったので、寝るのももう一緒の部屋にした。

f:id:nyarome12:20160802202335j:image
でも、そこで寝るの……笑。

f:id:nyarome12:20160802202421j:image
暑い時期ではあるが、子猫なのでまだまだ温かいところが好きようだ。
野良生活から1週間も経たないうちに自然と人間と一緒に寝てくれるようになったのはとてつもない進歩である。この家に慣れてくれたのであろう。これでニャロメもひと安心である( ̄▽ ̄;)☆

f:id:nyarome12:20160806142248j:image

f:id:nyarome12:20160806142316j:image

f:id:nyarome12:20160806141953j:image
『…………』
f:id:nyarome12:20160806142025j:image
「良かったね、ニャロメ。」

f:id:nyarome12:20160806142106j:image
『ゎん……ごるる……(せやな)』
 
お気づきの方はいらっしゃるだろうか。夫は壁ぴったりに寝ている事が多い。。猫を飼うというのはこういう事なのだろうと、改めて思った。笑
 
 
 
………………
 
 
 
f:id:nyarome12:20160806143037j:image
朝。。

f:id:nyarome12:20160806143316j:image
ニャロ『……ペロペロ』
 
ヘチ『…………』

f:id:nyarome12:20160806160329j:image
『…………』

f:id:nyarome12:20160806160356j:image
『…………』

f:id:nyarome12:20160806160435j:image
ニャロ『……ペロペロ』
 
ヘチ『…………』
 
わたし「…………」

f:id:nyarome12:20160806160507j:image
『…………』

f:id:nyarome12:20160806160605j:image 
ニャロ『……ペロペロ』
 
ヘチ、わたし『「…………(……なめすぎじゃないか?)」』

そのポーズは可愛すぎるから全然良いけど。。笑
ふにふにちゃんは、無くなっても小さいふにふにちゃんがいるのである(⊙ω⊙)。。術後から毛もすっかり生え揃って、ふわふわになったのがおわかりいただけるかと思う。

f:id:nyarome12:20160806161447j:image
……(。-∀-)☆

f:id:nyarome12:20160806161543j:image
『……(何か……ぞわっとするで。しまっとこ……。)』

f:id:nyarome12:20160806162320j:image
『…………』
 
ヘチマもまた腕の中で眠ってくれた。
 
 ニャロメとの相性も良く、何より順応がはやくて本当に助かった。ヘチマも全然寝てくれなかったのは、きっとずーっと気が張っていたのだろう。。

f:id:nyarome12:20160806162647j:image
準備もしないといけないのでそっとソファーに置いたが、起きない。

f:id:nyarome12:20160806162830j:image

f:id:nyarome12:20160806162857j:image
天使だろうか。。

f:id:nyarome12:20160806162941j:image

f:id:nyarome12:20160806163011j:image

f:id:nyarome12:20160806163103j:image
 …………癒されるーー(TT)
昼間もこうして眠ってくれるようになったのが確認できた。
 
f:id:nyarome12:20160806164404j:image
これは夫が次の日休みだったので、日中の様子を送ってくれたもの。ニャロメはヘチマを優しく丁寧に舐めてくれる。

f:id:nyarome12:20160806164710j:image
この画像。ヘチマは一生懸命ニャロメの尻を舐めてくれているらしい笑。
 
しっかり仲良しなようだ。初日が嘘のように短期間でここまで仲良くなったのだ。
 
感動、感謝。。
 
 
 
このブログ書いていても、何度も何度も画面が滲んで見えなくなったのは夫には内緒である。。笑 
 
 
 
 
 
おまけ。

f:id:nyarome12:20160806170832j:image
ニャロ『……(今や!)』
 
ヘチ『………!』

f:id:nyarome12:20160806170905j:image
ニャロ『……!(なぬ!)』
 
ヘチ『……!(せぃ!)』

f:id:nyarome12:20160806170928j:image
ニャロ『……(ぐぬぬ……)』
 
ヘチ『……(ふんっ、女だと思って甘くみないで?)』

f:id:nyarome12:20160806170955j:image
ニャロ『……ぶるるー(へっ、遊んでやっただけやろがぃ!)』
 
ヘチ『…………』

f:id:nyarome12:20160806171037j:image
ヘチ『…………(あのクネクネにかぶりつきたい……!!!)』

ここで謎の心変わり、形勢逆転の追っかけあいがまた始まるのであった。。