ニャロメとうちら

子猫を初めて飼う、夫婦の生活。

ニャロメとの普段の1日。

5月。丁度このブログを始めた頃である。世間はGW!サービス業のわたしと夫は働き続ける毎日。

わたしは週に1回必ず決まった曜日に休みが貰えているし、好きで続けている仕事内容。そしてお客さんのいらっしゃらない時はほぼ休憩のように過ごせるので、ありがたい。(忙しい時は朝からラストまで休憩無し。合間合間でおにぎりひとつを食べきれるかどうかで1日終わるが、その分一瞬で時間が過ぎるのでそれはそれで心地よい。)

夫は……帰ってもこれない日もあったりなかったり。。休みの存在自体なかったり。(いわゆる、ホワイトではない漆黒の黒のようなカラーをした会社勤めなので……夫のように優しくて覚えも良く元気な人間だと、難しい現場をとにかく任されてしまうようで、いつも朽ち果てている。)今の仕事は修行ということで割り切っている。次もし職変えるんだったら、何だって出来るね!と、2人で話す。。
しかし、睡眠時間までゼロにしてくるので殺しにかかっているようなものだと思うが(;・∀・)。。



f:id:nyarome12:20160627182740j:image
そんな事はお構い無しに、ニャロメはすくすく大きくなった。横にもね。


目の具合もすっかり良い。(実は反対の左眼も右が治まった直後、結膜炎になってしまった。ウェットティッシュで感染が広がらないよう、顔や足なども拭いたりしてたんだけどダメであった。。そのまま両眼目薬続けて症状は無事治まった。夫も麦粒腫のタネみたいなものが瞼にある人なので、もはや達人の領域。「両眼一気になる事はまずないからねー」との事。。)



f:id:nyarome12:20160627202044j:image
↑これってゴメン寝??



大きくなるにつれて意思の疎通ができる感じになって来たので、ますます楽しい。

『にゃー』『にゃーん♪』『わぁ〜ん♡』『うぇ〜ん』『くぅーん』『あーぉ!』『にぁあー!』『ぶるにゃぁー』

f:id:nyarome12:20160628190726j:image

f:id:nyarome12:20160628190835j:image
『にゅ〜』



まぁ実際は何だかわかるようなわからないような感じだが。。
行動と合わせて見ればだいたいわかる気はする。(気だけは。)



朝。早朝はまぁ……まず、布団から出てる部分である手足のどこかをわたしだけ噛まれ起こされる。ニャロメと住んでからというもの、傷が絶えることは無い。。
眠気が覚めるまでしばらく布団で防御しつつ、でもニャロメもあきらめないので腹の上に飛び乗って来たり潜り込んできて噛みついてくるので、起きる。



f:id:nyarome12:20160628191330j:image
夜中起きたら、夫がニャロメに……?!笑




階段降りキッチンまで行き、ニャロメのご飯を用意する。

『うぇー(ねー)』

「はいよ」

『うぇーん(お腹減った)』

「そうね」

『ぁ〜ん?(まだ?)』

「待ってねー」

『うぇー(はやくー)』

「今ねー」

階段降りるところからずっと足元くっついて離れない。ご飯作ってる時は足の間をスリスリしながらずっと8の字。手こずってると足に掴まり、立ち上がって様子を伺ってくる。


ご飯とお水与えているうちにカーテン開けてトイレにも行く。。
ちょっとゆっくりしてるともう、

『ぁーーーん?(どこーーー?)』

「はいよ、いたよ」

『ゎぁ〜ん(なんでー?)』

「おしっこ!」

『ぁ〜〜ん(開けてー?)』

「待っててね!」

『……んっ!』

ガシャーン!ぎぎぎぎぎぎ。(ドアノブに飛びかかってしがみついている)

「やーめーてー泣」



トイレ終わってそっからもう準備するか早朝すぎて二度寝するかなのだが、もう離れようとしない(・∀・;)。。どの部屋行くにもついてくるし常に足元ぴったりなので……可愛いでは済まされないのだ。じゃまーー(;´Д`)!!!


どうにか踏まないように避けつつ、毎朝準備する。。


朝ごはんつまもうとしたり……

皿落とされたり……(掃除機一々しまわない方がラクか?泣)

醤油こぼされたり……(ウェットティッシュは各部屋に常備品である。)

着替えてる靴下にじゃれ始めたり……(急いでる時に限って咥えて離さない。)

化粧始めてしまえば座ってるとこで寝始めるのでちょっとは落ち着くが。。今度は起こすのがかわいそうに^^;……



f:id:nyarome12:20160628191529j:image
狭くないの??



そっと退いても部屋出るとやはり付いてきてワックス付いた手を洗うとこ、歯磨きまで見守られ。


荷物持って、

玄関まで。。


『んぅ〜〜〜(行かないでー)』

「行ってくるね」

『うぇーん……(やだー)』

「また夜ね」

『くぅ〜ん……』

必死にドアからすり抜けようとするがダメーと押すようにする最近は諦めたようにコテンッと、横たわるようになった。


悲しい眼差しがドアの隙間から泣。。

車乗るまでにも窓が見えるのだが、そっから見てる。。笑



f:id:nyarome12:20160628154527j:image
『……』

「行ってきまーす(´;ω;`)」














夫が見送ってくれる時は【猫の神様】が見れるのだが。。















f:id:nyarome12:20160701202209j:image
『……我は猫の神。』



f:id:nyarome12:20160701202229j:image
『なぁに、恐がるな。』

ごごご……


f:id:nyarome12:20160701202246j:image
『ウヌの願いを』

ごぉごぉごぉ……

f:id:nyarome12:20160701202303j:image
『ひとつだけ叶えてやろう。』

シュウィーーーーーン……

f:id:nyarome12:20160701202318j:image
『……なんだと?……それは、ならーーーーん!!!』

ドドドドドッッッ!!!!!!!















 









夜帰宅したらしたで、車から降りるともう鳴き声が聞こえる。

二階の窓から車が来るのを見ているようだ。

玄関脇の窓に降りて来る。


f:id:nyarome12:20160628192732j:image
『ぅわーん(はよ!!!!!)』

f:id:nyarome12:20160629134817j:image
『んゎぁーー(はよ!!!!!)』

f:id:nyarome12:20160629134849j:image
『わーぁーあ(はよ!!!!!)』



玄関開けると毎度毎度飛び出してくる。風除室がある家で本当に良かった。


帰ってきて必ず甘えたゴロニャン声出しながら身体もゴロンゴロンとお腹見せて床に背中こすくってるのは何なのだろう??

嬉しそうなのは確かであるが。。




さて、ニャロメにご飯と水の取り替えしてあげたら今度はうちらのご飯の支度である。


ニャロメはスーパーの袋の中身のチェック係。小姑か。。笑


夫は帰宅するととんでもなくニャロメに構ってあげるらしいが、わたしは座ってしまうともうやる事やれなくなるタイプなので。。

とりあえず休まず1日の最後のライフゲージもう黄色か赤の状態を使い切るまで何とか頑張る。



f:id:nyarome12:20160701205756j:image
「にゃろー(っ ̄з ̄)っ♡」

f:id:nyarome12:20160701205838j:image
「お前はかわいーなぁ」

f:id:nyarome12:20160701205905j:image

f:id:nyarome12:20160701205931j:image
「あ゛。」

f:id:nyarome12:20160701210001j:image

f:id:nyarome12:20160702004506j:image
「いでででで!!!」









ニャロメにも悪戯されつつなので、ご飯作って食べてる頃にはもう、、クタクタ。

世のお母さん方をほんと尊敬する。。




食べたらちょっと休憩。この時間が至福の時である。



f:id:nyarome12:20160702004700j:image
足。。笑

f:id:nyarome12:20160702004725j:image

f:id:nyarome12:20160702004746j:image
グダグダするのもぴったりと。




お風呂入って、(これもまたトイレ同様大変。)寝る。



寝る頃は何でか元気になって暴れ回ったりするが、うちらが完全に寝息たてている頃には一緒に布団で寝ているようだ。




f:id:nyarome12:20160701205643j:image
なんか、もう親子である。。









完全に、ニャロメはうちらの子供状態にある(。-∀-)。。






うちらがそう思っているのは、ニャロメには伝わっているかな??



f:id:nyarome12:20160702005745j:image
『……ぶしゅるるる…ごるるる…』

f:id:nyarome12:20160702005913j:image
『んん……?……(なに?)』